各地の産物に注目し、現地に出かけてその魅力を深掘りする出張イベント〈旅するコトラボ〉を開催します! 
今回訪れるのは新潟。JR新潟駅〈キロメートルゼロ ニイガタラボ〉を会場に、ブランド食材「南蛮エビ」と、仕込みがピークを迎える酒蔵の「日本酒」と「吟醸酒粕」をテーマに料理研究家の藤井恵さんと素材の魅力に迫ります。米どころ&酒どころ県の新潟では酒蔵見学を行程に含め、日本酒をおいしく学ぶところからスタート。その後、会場で食材のおいしさを引き出すさまざまな調理法で藤井さんがおつまみを作り、新潟のお酒とともに味わっていただきます。生産者のかたに直接話を聞けるのも現地ならではの醍醐味です。東京はじめ県外のかたも2月はぜひ新潟へ! 藤井恵さんとじっくり、たっぷり、おいしい時間を過ごしましょう。


京開催編〉をご覧ください。 開催後に、コトラボ阿佐ヶ谷でも藤井恵さんの同イベントを行います。詳細は〈旅するコトラボ/ 京開催編〉をご覧ください。 https://www.coto-lab.com/lesson/jre-niigata/


豪雪地新潟県長岡市。この地には雪国ならではの ”暮らしの知恵” が今も生活や食事の中に受け継がれています。
かんじきを履いて雪の上を歩く貴重な体験や、雪を活用して野菜を保存する「雪室」では野菜を掘り起こし、その食材や保存食などを活用して地元のお母さんたちに教わりながら郷土料理づくりを体験。120年続く雪国の古民家の会場も情緒あふれる空間です。
雪国ならではの暮らし、文化、遊びをお楽しみいただける、冬季限定・新潟限定の旅をいかがですか?

<ビアツーリズムサイト>

http://beer-tourism.jp/niigata/?fbclid=IwAR3CMd13IPFv0_cxqdFrbPgi2JuqsKiQ3cYmmcSfpBCHUSVS894u1jg4nBI

2018年 春 4月中旬から 6月の最高な季節を新潟の「ガストロノミーツーリズム」のおいしいで皆さんとつながります。過去~現在~と新潟の世界に誇る「おいしい」物語を未来へと一緒に紡ぎましょう。

 

 

本日4月1日より6月いっぱい新潟駅を起点としたレストランバスの運行が始まります。昨年好評でした、土曜日の福島潟コース、日本海佐潟を回るコースに加え、日曜日に鳥屋野潟のコースが加わりました。さらに新潟のシェフととともに新潟を旅するスペシャルコースも加わり充実した内容です。

http://travel.willer.co.jp/restaurantbus/#course

このレストランバスが新潟のガストロノミーツーリズムの扉を開き、地域の総合力で新潟の食文化のポテンシャルをバリューに変えていきます。