• 新潟駅で1つ3000円の高級弁当が発売され話題に…
  • 新潟の昔と今をテーマに新潟県産こだわり食材を使ったおかずが味わえる
  • 期間限定5月6日まで!事前予約が必要なお弁当の味は?

詳しくはこちらより FNNプライムオンラインニュースより

https://www.fnn.jp/posts/00044745HDK

国際ホテルブライダル専門学校ホテル料飲サービスコースの2年生は26日、新潟駅西口にあるkm-0 niigata labで、カフェ運営の実習を行なった。

これからホテルのレストランやバーカウンターで働く学生たちは、甘酒や雪下人参など県産の食材を使ったドリンクを提供し、来店客とのやりとりのなかで自分なりのおもてなしを学んでいた。

同校の学生の半数は、就職で県外へ出て行くという。新潟の素晴らしさを改めて知ってもらおうと、km-0 niigata labでは県産食材と職人の作る道具についての勉強会も行った。

新潟けいざい新聞様より

https://www.niikei.jp/15410/

“かける糀”は、自然栽培の玄米から作られた、甘酒をベースにした調味料です。お肉やお魚の下味やソースとして使えば、味わいにグッと深みが広がります。塩とレモンとオイルを加えればサラダドレッシングになったり、マヨネーズやケチャップと合わせてディップソースも作れます。玄米は新潟市北区の宮尾農園で大切に育てられた美味しいお米を使用しています。みりんやお砂糖の代わりに糀の自然な甘さを活用して、体に優しいおいしさをお楽しみいただけます。

原材料名:米(新潟県産)、米こうじ/酵素
内容量:200g

「わる糀」

豆乳÷ジュース÷カクテル÷ビール
いつもの飲み物と{わる}だけ。

“わる糀”は、自然栽培の白米と国産糀から作られた、甘酒をベースにした調味料。飲み物にスプーン1杯加えるだけで、牛乳や豆乳が濃厚なドリンクになったり、トマトやニンジンなどの野菜ジュースがスムージー風に早変わり。ビールやカクテルなどのお酒に加えればオリジナルの糀カクテルが簡単に作れます。白米は新潟市秋葉区のタカツカ農園で大切に育てられた美味しいお米を使用しています。いつもの飲み物に糀の自然な甘さを加えて健康でおいしい、糀ドリンクをお楽しみください。

原材料名:米(新潟県産)、米こうじ/酵素
内容量:200g

詳細はこちらから

http://suzugroup.com/koji?fbclid=IwAR0k2ovPUgy5NsR5bEcYCpEnNm4Ap-T0m-8JnsROATBtjldYYv7sVnnH1yw

新潟市の上古町商店街にある雑貨店「hickory03travelers」とのコラボメニューのご提供、雑貨等の
物販販売を期間限定で行います。

場所 JR 新潟駅CoCoLo 西N+内「km-0 niigata lab」(新潟駅西口改札すぐ)
内容 ① hickory03travelers とのコラボメニュー販売
浮き星を浮かべたドリンク【750 円(税別)~】
「新潟のカレー専用米」を使用したカレーの提供【600 円(税別)~】
② hickory03travelers 物販販売
協力 hickory03travelers
問合わせ km-0 niigata lab(キロメートルゼロ ニイガタ ラボ)
TEL:025-384-8812

「JR 東日本スタートアッププログラム」とは JR東日本とJR東日本スタートアップが2017年度から取り組むベンチャー企業や様々なアイディアを 有する方々から、駅や鉄道、グループ事業の経営資源や情報資産を活用したビジネス・サービスの提案 を募り、ブラッシュアップを経て実現していくプログラムです。

プログラムの詳細は特設ページをご覧ください。

特設ページ URL:http://jrestartup.co.jp/entry/ 【説明会概要】 日時:4 月 24 日(水)15 時 30 分~16 時 30 分 場所:新潟駅西口 CoCoLo 西 N+内 k m キロメートル – - 0 ゼロ niigata ニ イ ガ タ lab ラ ボ (新潟県新潟市中央区花園1−1−1JR 新潟駅構内) 共催: JR 東日本新潟支社、JR 東日本スタートアップ、新潟市 内容:新潟市の特区やエリアを活用する協業プランや、募集条件等

3月9、10日の魅力★発見「にいがた駅の陣」が開催されました。
県内外から沢山の人達からにいがたに来てれました。

新潟駅の若手ぽっぽや達が、企画してくれました。
新潟の魅力を県内外のみなさまにもっと知ってほしい…。
新潟駅を通じて発信したい…!伝えたい…!

「越乃 Shu*Kura」バー
初日は実際に演奏しているジャズの方達が演奏…。
感動…。!!

2日目は、若手ミュージシャンのミニコンサート
新潟のライブハウスなどで活動している若手
(20 代)ミュージシャン。
新潟駅での思い出や新潟に対する思いをきけました…。
感動…!!

他にも、越乃 Shu*Kura 顔出しパネル プラレール展示 こども駅長制服を着て記念撮影、新潟県観光PRブース、ガ タ ★ ポ ン 抽選会など盛上った日々でした…。
僕が、ありがとう…。

今日のお昼、連絡通路でスカートの可愛い女子から挨拶をされました…。あの時の若手ぽっぽやでした…。
そして、恋をしました…。

写真撮影:渡部佳則

2019年村ができて130週年…。又新しい船もやってきます。

 4月27日 粟島は島開きです。皆さんも今年は粟島へ行ってみませんか?

時化続きでしたが粟島在住の

粟島の松浦さんが島と食材の説明をしてくれました。

新潟県は2月26日、県産農林水産物を原料として県内食品メーカーが開発した商品の発表会をkm-0 niigata lab(JR新潟駅内)で開催しました。

県産農林水産物を原料とした商品開発の支援を行う「食品産業連携需要創出支援事業」、「米粉を活用したグルテンフリー等商品づくり促進事業」を活用して開発された商品になります。

発表会では、県内食品メーカーによる商品説明のほか、鈴木将さんの調理で、開発商品を使った料理が振舞われた。なお、商品は26日から1ヶ月ほど、JR新潟駅内にあるぽんしゅ館新潟駅店でテスト販売されます。

にいがた経済新聞より

https://www.niikei.jp/12645/?fbclid=IwAR1l6lDvY_cYWPLoPzyjvHLsaY3bvNMiNGKYq7oFLJyKAD1nH0CxFKD0KWY

写真撮影:misato

アジアの人気ブロガーのMiku Wongさんが新潟に旅行にこられkm-0を掲載してくれました。

新潟市内の素晴らしいスポットを巡っていかれました。

また遊ぶに来てくださいね~。ありがとうございました。

詳しくは下記のリンクをクリックしてください。

新潟 初日①

新潟 二日目②

雪国の食文化を体験するスノーフードツアーが2月17日、長岡市川口中山の古民家で行われました。


雪室で寝かせた野菜を使いけんちん汁や炒め物をつくり冬ならではの食を堪能しました。

冬の宝物…。

豪雪地帯で受け継がれてきた発酵食品をテーマに企画しました。

屋外の雪室からニンジンや大根を取り出した。

参加者の皆さんは、生で試食すると「甘い」「みずみずしい」と驚いていました。

地元の方達と1時間ほどでウドや白ごまや唐辛子と炒めたきんぴらでや、ニシンと大根のこうじ漬けなど川口の郷土料理が食卓に並んだ。

かんじき体験や冬の温泉も満喫しました。

写真撮影 ヒロスイ写真館